無題ドキュメント
SEARCH

検索

検索する
MEDIA

オフィシャルメディア


雪山でスノーシューに挑戦!

「雪山なんて難しそうだし冬の山登りはお休み・・・」
そう思って春から秋までしか山に登らないなんて方も多いのでは?

雪山に登るのはハードルが高いと思いがちですが、
「スノーシュー」なら初心者さんでも楽しく雪山を満喫することができるんです。

今回、アルココスタッフでスノーシュー&エアボードを体験してきました!

冬にしかできない遊びを覚えたら、雪山のシーズンが待ち遠しくなってしまうかも♪

スノーシューって
どんなもの?

スノーシューとは「スノーシュー」というかんじきのような道具を靴に装着し、雪の上を歩く遊びです。

トレッキングシューズではズボッとはまってしまうような新雪の上をスノーシューを装着して歩くことで簡単に歩いて遊ぶことができます。

このスノーシューの道具さえあれば、特別な技術も練習もなく誰でも簡単にふかふかの雪の上を歩くことができます。

スノーシューは現在、子供からお年寄りまで人気の高いウインタースポーツとなっていて、スノーシューができるエリアには年々、女性の参加者が増えているんだそうです。

スノーシューの
魅力とは?

まず普通の靴では埋まってしまうようなふかふかの新雪の上を思いっきり歩くことができることです。
スノーシューを装着して歩く感覚は、普段の生活では絶対に味わえない楽しさがあります。

また、無積雪時には登山道がなく歩くことができない場所でも、
積雪によって地面が覆われるとスノーシューを装着してその上を歩くことができます。

そして普段は近くに寄ることのできない場所に行き、写真を撮ることも可能!

さらに、運が良ければノウサギ、テン(イタチの仲間)、カモシカなど
雪の上で生活をする動物に遭遇できることも!
基本的に野生動物は夜間に行動が活発になるため遭遇するには難しい場合もありますが、
午前中であれば雪の上に動物の足跡が残っている場合も。

スノーシューは
どこでできるの?

スノーシューは雪がなければできない遊びのため、
スキーやスノーボードができるような積雪量の多い場所となります。

地域で言うと北海道、東北、北関東(群馬県、栃木県)、
甲信越(新潟県、長野県、山梨県)が毎年人気のスポットです。


その中でも北海道、群馬県、長野県はスノーシューができるエリアが多くなっています。

スノーシューが
できる時期は
いつ頃?

11月〜5月の新雪から残雪のある時期がスノーシューのシーズンです。
その中でもベストシーズンは1〜3月。


1月は新雪で雪が真っ白に、2月は積雪量が多いので雪がふかふか、
3月は晴れる日が多くやや暖かい、など
ベストシーズンの中にもそれぞれの楽しさがあります。

スノーシューは
購入しなければ
いけないの?

スノーシューができる会場では、スノーシュー、スノーシューポールの貸し出しを行っているところも。

1回やってみたいけどその後続けるかわからない・・・と思う方は、
スノーシューとスノーシューポールのレンタルが可能な場所を選びましょう。

スノーシューに
ふさわしい
格好とは?

スノーシューをする場所は雪山。
常に雪が降っていることを考え、雪や雨に対応しているウェア、
その中に着る防寒具・防寒小物は必須となります。
雨の日の登山コーディネートに防寒具をプラスしたものを想像すると良いかもしれません。

▼▼必要なアイテム▼▼

ニットキャップ

雪の中でも頭をしっかり温めてくれるニットキャップは必ず用意しましょう。
耳まで覆うことができるものならなおGOODです!

サングラスゴーグル

晴れの日は雪が太陽を照り返し眩しく、吹雪の日には目が開けられないほど雪が顔に当たります。
しっかり視界を確保できるよう、サングラス・ゴーグルのご用意を。
晴れの日にはサングラスで十分ですが、天気の崩れやすい雪山を考慮し、ゴーグルも念のため用意しておきましょう。

レインウェア、レインパンツ

防水性のあるウェア上下は必須となります。
スキーやスノーボードをやる方なら、スキー・スノーボードウェアでもOK。

防寒着

フリースジャケットなど、レインウェアの下には保温性のあるジャケットを着ましょう。
スノーシューは雪の中であっても歩き始めると暑くなることも。その際、一番最初に脱ぐものはこの防寒着(フリースジャケット)になることを考え、着脱が簡単なものを選ぶのがベストです。

速乾性インナー

寒い雪山であってもスノーシューは歩いて行動するため、自然と暑くなり汗をかきます。
綿などの素材のシャツだと汗をかくと乾かず冷たくなって体を冷やすことも。
化学繊維の速乾性のあるインナーを着用して、寒さが心配であればその上から保温性インナーを着用してもOKです。

ザックカバー

雪が多く降る場合は、バックパックに雪が浸水する場合も。しっかりザックカバーを装着し、荷物を雪から守りましょう。

レインスパッツ

トレッキングシューズの履き口から雪が入ってくることがあるので、トレッキングシューズを履く場合は、必ずレインスパッツも着用しましょう。

スノーブーツトレッキングシューズ

スノーシューには保温性のあるスノーブーツがふさわしいですが、スノーシューのベルトを留めても足に負担がかからない程度に硬く、丈夫な素材なものを選びましょう。
スノーブーツがない場合は、防水性のあるトレッキングシューズでもOKですが、必ずレインスパッツと一緒に着用しましょう。

レイングローブ(スキーグローブ)

防水性のあるレイングローブ、もしくはスキー用のグローブを着用しましょう。
登山用のレイングローブの場合は、保温性に優れているものなら1枚でOKですが、雪山に寒さに対応できなそうな場合は、薄手の保温性のあるグローブと重ねて使用しましょう。

▼▼スノーシュー会場に行くまではどんな格好?▼▼

スノーシュー会場に行くまでの格好は、タウン向けの格好でも良いですが、
会場のトイレが少ない場合のことも想定し、
会場についてすぐにスノーシューコーディネートになれるよう
ある程度アウトドアウェアを着ていくことをおすすめいたします。

また、出発地点では雪が降っていなくても、
会場近くになると雪が積もっていて、さらに雪が降っていますので、
スノーブーツ、防水性のあるトレッキングシューズは必ず履いていきましょう。

着用アイテム例

ニットキャップ

フリースジャケット

トレッキングパンツ

保温性のあるグローブ

スノーブーツ

バックパック

このコーディネートの場合、スノーシューの際は、レインウェア上下、ザックカバー、サングラス、レイングローブを上から着用しましょう。
また、スノーシューに対応していないスノーブーツの場合は、トレッキングシューズに履き替え、レインスパッツを着用しましょう。

スノーシューの
装着の仕方

難しそうに見えるスノーシューも、やり方さえ覚えれば女性でも簡単に一人で装着できます!

スノーシューイベントやレンタルを行っているスノーシュー会場ではスタッフの方が装着をしてくれますが、
スノーシューを外すシーンが出てきてしまった場合はその後は一人で装着することも。

しっかり装着方法を覚えておきましょう!

※メーカー、商品により装着の仕方は若干異なります。

【今回装着したスノーシュー】
TSL ティーエスエル 305 アプローチEASY 305APE

まずスノーシューを左右に並べます。
左右に区別がないスノーシューは、ビンディング(スノーシューを装着するためのベルト・器具部分)の留め具が全て外側にくるようにします。
この理由は、スノーシューを装着して歩行する際に、留め具などを引っ掛けて転倒しないようにするためです。

スノーシューのビンディング(スノーシューを装着するためのベルト・器具部分)を全て緩めます。

足を入れつま先部分をぴったりに合わせます。

その際、かかと部分の位置を確認し、その位置を覚えておきます。

先ほどのかかとの位置に、スノーシューのかかと部分を合わせます。(今回使用したスノーシューの場合、かかと調節はスライドさせロックするタイプです)

かかとがぴったりかどうかを確認。

シューズが浮かないようつま先部分をしっかりベルトで固定します。

足首部分をラチェットでしっかり固定します。

これを左右行い、シューズがスノーシューから浮かないことを確認してください。

装着イメージ。

※スノーシュー裏には金属の爪がついているのでしっかり雪道をあるくことができます。

アルココスタッフのスノーシュー初体験レポート

1日の予定

なべくら高原スノーシューフェスティバル2015
日時:2015年1月31日(土)
場所:長野県飯山市 なべくら高原・森の家

スノーシューツアーを
レポート!

ふかふかの雪の上を歩くスノーシュー!
歩くことだけでなく、雪道の中に様々な発見がありました☆

JR飯山線に乗っていた時に車窓から撮った景色。
山々に囲まれた雪景色がとってもきれいでした!

会場に着くと大雪!
さすがスノースポーツができるくらいの雪国です!

MSR(エムエスアール)、ATLAS(アトラス)、TSL(ティーエスエル)などから
好きなスノーシューをレンタルできました。
私たちはTSL(ティーエスエル)のスノーシュー、スノーポールを借りました!

スノーシュー装着中!
準備ができたらスノーシュースタート!

なべくら高原・森の家のスノーシューガイドさん☆
初心者にもわかりやすいように、丁寧に説明してくださいました。

1列になってガイドさんについていきます。
怖いと思っていた雪山も、ツアーだとゆっくり案内してくれるので安心です。

新雪なので、ふっかふかで歩いていて本当に気持ちいいです。
たまにふくらはぎくらいまで埋もれますが、その感覚がまた楽しかったです。

下り坂を走って下ってみることに!
最初は「怖い」と言っていましたが、やってみると「楽しい!」「気持ちいい!」とみんな言っていました!
ふかふかの雪道を走るという感覚は、深い雪の感触と少し怖いというスリルでとにかく笑いが止まらなかったです!

ガイドさんが4m以上もありそうな棒を「どのくらい入っていくでしょうか!?」と言いながら雪の中へ押していくと・・・

こんなに入ってしまうんです。
私たちは、無積雪期で歩く道の3m以上上を歩いているんです。

登りの道も体験しました!
急斜面での登りは、つま先部分を雪面に蹴り込むように歩くのがコツです。
スノーシューのつま先部分に荷重をかけながら登っていきます。
登りはやはり足にきます!

これぞスノーシューの醍醐味♪
\スノーシューの途中でこんなものを発見しました!/

ここはもともと大きな池だそうです!
この地域では雪が降ると池の上にも雪が積もり、その雪の上を歩けるんだとか。

※池ギリギリまで歩くと崩れることもあるそうです!

高原に生えている大きな樹にも雪が積もっていました!
一気にクリスマス気分になりました!

左)屋根の上に積もった雪の塊!雪下ろしをしないとこんなに積もってしまうんだそうです。
右)その雪の塊にできたつらら!こんな間近でつららが見られるとは思いませんでした☆

見上げると間近に電線が・・・!
私たちが歩いている道自体が本来の道の3〜4m上なため、電線がこんな近くにあるんです!

これはなんでしょう??

実はこれ「カーブミラー」なんです!
普段道で見るカーブミラーは高い位置にありますが、雪でカーブミラーの半分が埋まっていました!
ミラーが私たちの足元から顔を出していて驚きました!

エアボードを
レポート!

エアボードとはスイス生まれのスノーアクティビティです。
空気で膨らませるタイプのソリのようなものにうつぶせの状態で乗り、
急斜面を滑るスノーボディーボードです。
スノーシューを付けて歩くだけじゃ物足りない!
そんなスリルとスピード感を味わいたい山ガールにはたまらない遊びです!

こちらもアルココスタッフが体験してきました!

エアボードを片手で持ってスノーボードができる場所へ移動します。
ここでももちろん足にはスノーシューをつけて雪道を歩いていきます。

ガイドの方が、乗り方、ブレーキのかけ方などを
しっかり教えてくださるので安心です。

写真のようにしっかり体をエアボードに乗せて
エビぞりのように足は浮かせるのがコツだそうです。

アルココスタッフも挑戦!
最初は平らな道から練習することに。
ですが、エアーボードにうまく体が乗せられません・・・
顔も真下を向いてしまっています・・・

最初はみんなうまく滑れませんでしたが、何度か滑るうちにコツを掴んできました!
さっそく体重移動させて滑る方向を変えてみたりとすぐに上達してきました!

次は少し傾斜のある道に挑戦!
傾斜は少しだけですがこの道でもスリル満点です!

そして50m以上ある長い傾斜を滑ることに!
エアボードで滑る前は「怖い〜」と言っていたスタッフも「早く滑りたい!」と言いながら滑っていました☆

行ってきまーす♪

エアボードは体が地面に近いので、よりスリルとスピードを感じられます!
とにかく早い!楽しい!

雪でぼこぼこしている道だと、バウンドすることも!

滑り終わった後はこんなさわやかな笑顔に☆
「楽しかった〜!またやりたい!」と言いながら山小屋へ戻りました!

雪の遊びは
まだまだあります♪

雪の中でこんなこともしました!

◆◇雪にダイブ!◇◆

スノーシューの途中で誰もまだ踏み入れていないふっかふかの雪を発見!
そこでツアーの皆さんと横に並び、手をつないでそのまま後ろにダイブ!!

倒れた瞬間、ふかふかな雪の感触に「わあああ〜〜!」とみなさん叫んでいました!

普段は絶対に味わうことのできないふかふかな雪に体全体でダイブするなんて夢のようでした!

立ち上がるときれいに人型がついていました!
大人数でやるとさらに楽しいかも?

ふかふかな雪なため、なかなか立ち上がることのできないアルココスタッフ。
スノーシューをつけたままなので、立ち上がるのに苦労しました!

◆◇雪の丘からダイブ!◇◆

1.5mほど高くなっている雪の丘を発見!
「丘から雪にダイブしよう!」と丘に登り、お尻からダイブ!
(「怖い・・・」と言って一人は断念。)

不思議なことに雪がふかふかなため高いところからダイブしても全く痛くないんです!

◆◇ふわふわあつあつ☆焼きマシュマロ◇◆

山ガール必見☆大自然の中で1度はやりたい焼きマシュマロ♪
会場にはたき火が設置されていてそこでマシュマロが販売されていたので
焼きマシュマロを食べることに!

寒い中、たき火の周りで温まりながらマシュマロを焼いて食べる・・・
本当に最高でした☆

やっぱりたき火はあたたかい!
一気に元気になりました♪

◆◇大人になってもやっぱり楽しい!ソリ!◇◆

会場にはソリで遊べるコーナーが♪
子どもに戻ったかのように滑っては登って滑っては登ってを繰り返して全力でソリを楽しみました!

激突しかけて大笑い。
人に突っ込まないように気を付けてくださいね♪

スノーシュー&
エアボードを
体験してみて

スタッフ【サク】

今回のスノーシューイベントの感想

雪遊びと聞くと、スノボ・スキー・そり・かまくら作り・雪合戦くらいかと
思っていましたが、他にもいろんな遊びがあるんだとこのイベントで実感!

スノーシューハイキング・雪山ジャンプ・エアーボートはどれも初体験。
スノボ・スキーが苦手な私にとっては今回の方が断然楽しめました。
どれもふわふわの雪があるからこそ出来る、雪国の特権でした!


スノーシューを体験してみて、
3〜4m積もった雪の上でも無理なく歩いたり走ったりできることに驚きました。
足はまったく筋肉痛にならず、いかに足に負担がかかっていないかを実感。
新雪をガシガシ歩くとすごく楽しいですよ♪


普段行くことのできない川の上や森林の中も、数メートルの雪で埋もれているので探索することが可能です。

登山道ではない道を自由に歩くことができるのはこの季節限定の楽しみ方ですね。

登り坂も滑らず登れるように刃がついているので、雪遊びの時はもちろん、移動中はずっと履いていたくなります。

今回はいろいろなメーカーさんからレンタルできたのですが、
小回りがきく長さが短めのスノーシューのほうが動きやすかったです。

初めて雪山に行って思ったことや気づいたこと

ゴーグル(サングラス)・レインカバーはあったらいいな、ではなく必須ということ!
天気が崩れやすいので、吹雪になるといっきに視界が奪われるし、バックパックに雪がかかり水浸しになります。

防寒具では耳まで覆ってくれるニット帽は本当にあたたかくておすすめ♪
あと、ホッカロンがあるともっと快適ですね。

エアーボートをやるときは、写真で見て分かる通り、障害物があるととても危険です。
個人で遊ぶときや、お子さんと遊ぶときは、ヘルメットをかぶることをおすすめします。

あと、腕にとても負担がかかるので、腕のストレッチは念入りに行いましょう。
止め方や曲がり方などにコツがいるので、しっかり準備してから楽しんでくださいね。
ジェットコースター並の迫力が楽しめますよ。

スタッフ【キミ】

今回のスノーシューイベントの感想

スノーシューイベントに参加する前は、
正直なところ「雪山のトレッキングって寒くてきつくて大変そう。。。」
と思っていましたが、実際にやってみると本当に楽しい!

動いてるうちに体がポカポカしてくるし、スノーシューを履くと、ふわっふわな新雪でも沈まず
自由にサクサク歩けることに感動しました。

何より、雪におおわれた森の中はとっても静かで神秘的!
日常の喧騒を忘れて癒される素敵な時間となりました。


また今回は発見できませんでしたが、雪の上に、どうぶつたちの足跡も見られることもあるそう♪
ぜひ来年も参加してみたいです!

初めて雪山に行って思ったことや気づいたこと

雪合戦をしたり、傾斜を見つけてソリですべったり。
夏の山では出来ない遊びがたくさんあってとにかく楽しかった!

折り畳み式の小さなソリや、
きれいにまん丸の雪玉を作れる雪玉メーカー(があるそう)を持って行ったら、
友達と盛り上がれそう!と次回も雪山に行くのが楽しみになりました。

スタッフ【ここ】

今回のスノーシューイベントの感想

スノーシューは寒い冬に雪の中をただただ歩くだけと思っていましたが、
歩く以外にも普段見ることのできない景色に終始うっとりしてしまいました!


神奈川県出身、スキースノーボードはやらない私にとって
関東では絶対に見ることのできない大雪&ふかふかの雪&きれいな雪景色は本当に見ているだけで最高でした!

普段は近くで見れないような景色を写真を撮りながら歩けるなんて、
普段のトレッキングとは違った楽しさを満喫できました。


また、「スノーシューをやる人ってどんな人がいるんだろう・・・?」
と正直思っていましたが、ほとんどが女性でした!!
このことが一番驚きでした!
もちろんカップル(夫婦)、親子でという方もいらっしゃいましたが、20〜40代くらいの女性の参加者が多かったです。

私たちのような普段は山に登っている山ガールの方もたくさんいたので、
もっともっと多くの山ガールに知ってもらいたい遊びの一つです♪

また、エアボードはすっっっっっっごく楽しかったです!!!
絶叫系が大好きな私にとってはリピーターになるであろう遊びです!


今回ツアーに参加したのでガイドさんがきちんとブレーキのかけ方を教えてくれて、
滑っているところを見て何かあればすぐに来てくれるので安心して遊ぶことができました。

いろんなメーカーのスノーシューも試してみたいし、動物の足跡も見てみたいので来年もまた行きたいです☆

初めて雪山に行って思ったことや気づいたこと

スノーシューもエアボードも遊びに夢中になると身体に汗をかきます!
写真だけ見ると本当に寒そうですが、やはりスポーツなんですね。
防寒ももちろん大事ですが、新幹線などで帰る場合は替えのインナー等を持っていくことをおすすめします。


また、エアボードはサングラスではなくゴーグルの着用をおすすめします!
雪が強く降っている場合は、スピードの出るエアボードの際、目が開けられないくらいに雪が顔に当たりますし、
もし木に激突してしまった場合は顔からぶつかる恐れがあるのでゴーグルの方が安心です!
念のためどちらも持っておくと便利です。

今回のイベントで
知ったスノーシュー
の豆知識

森の中に入ると吹雪が和らぐ

風が強くなったら森の中に入るといいそうです。
吹雪の際に危険だと感じたら、近くの森に入ってみましょう。

冬の植物を観察できる

スノーシューは前に歩くことしかできません。
もし後ろ方向に歩きたい場合は、前にぐるりと回って後方に歩きましょう。

トレッキングポールはいらないかも?

トレッキングポールがあった方が足の負担は和らぎますが、なくても歩くことはできます。
トレッキングポールがない方が楽という方もいるかもしれませんので、一度体験してみて
必要があればレンタルしましょう。

晴れていれば動物の足跡を見つけられたかも

雪山に住む小動物に会いたかった。。。

今回行った
スノーシュー会場

なべくら高原・森の家

住所: 長野県飯山市照岡1571ー15
アクセス:
【電車】長野駅(JR飯山線62分)⇒戸狩野沢温泉駅⇒(タクシー15分)⇒なべくら高原・森の家
コテージもあるので宿泊が可能です。